FC2ブログ
パーキンソン…徒然なるままに♪
最近、パーキンソン病、白内障と寄り添うことになった☆イチローが、お役立ち情報をお知らせします。診察、治療を受けた病院・治療院など実名でお載せしますので、ご活用下さい!
プロフィール

hoshiichiro

Author:hoshiichiro
神奈川県在住
47歳 男性

2010年1月に若年パーキンソン病と診断されました。幸いなことに病状が軽度のこともあり、自身で試行錯誤の日々を…。その様子を、当ブログにてご紹介しています。パーキンソン病ブログ・リンク集をお作りしましたので、ぜひご活用下さい!

☆イチロー ツイッター

    follow me on Twitter

    最新記事

    最新トラックバック

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    「呼気」で体をゆるめる(パーキンソン病の私が行っている呼吸法)
     こんにちは、☆イチローです。

     私のライフワークは、「呼吸法」です。

     そのもともとのルーツは、

     『ゆっくり走れば速くなる』(佐々木功 著:ランナーズ・ブックス)
      → amazonはこちら

    という本との出会いから、学生時代にランニングにのめり込んだ時代があったのですが、そのときに何度かランナーズハイを経験したことから端を発しております。

     このランナーズハイは、もうなんとも形容のしようのない常態で、精神的には圧倒的な幸福感に満たされ、肉体的にも体の奥のほうから膨大なエネルギーが沸いてくるような状況となり、もう10キロぐらいをほとんど全速力で走っても、息ひとつ切れないコンディションとなるのです。

     日常の自分とはまったく違うモードに入ってしまうようで、たぶんドラッグをやったときと同様の状況だと思うのですが、「ずっとこのままでいたい」と思ってしまいました。
     たぶん一度経験してしまうと、ほとんどの人がランナーズハイの虜になってしまうのだと思います。

     ただ難点は、たくさん走らないとその状態にならないことでした(私の場合は、20キロ~30キロぐらいだったでしょうか)。また、距離を走ったからといって、必ずしもそうなるとは限りませんでしたし…。

     そこで私は、次第に「違う方法でこのような状態に至ることは出来ないだろうか?」と考えるようになりました。
     学生時代とは異なり、社会人になると、それほど走りこむ時間をとれなくなった、という事情もありましたので…。


     その解答が、「呼吸法」ということだったのです

     20代の前半からは、今度は呼吸法にのめり込むこととなりました。

     そして、以前の記事でもお話いたしましたが、20年ほど前から、西野流呼吸法の稽古に通わせて頂いております。

     西野流呼吸法のサイトはこちらです。
     http://www.nishinojuku.com/

     以前の西野流呼吸法に関する記事はこちらです。
     http://ichiro33.blog97.fc2.com/blog-entry-3.html


     それでは、「呼吸法」によってランナーズハイのような状況に入れることはあったかと申しますと…、もう何回もあります(詳細については、また別の機会にお知らせできるかも知れません)。

     最近でも、西野流呼吸法の稽古の最中に、日常とはまったくモードが切り替わり、「生きているのが嬉しい」という状態に入ることがよくあります(やはり、一人の稽古ではなく、大勢で稽古を行うことにより、より豊かで深みのあるモードに入れるように感じております)。


     それで、このように「呼吸法」は私にとってはライフワークなのですが、いま考えていることは、自分が病んでしまいましたパーキンソン病の治癒に、なんとか呼吸法を繋げてゆけないかということです

     それで、現時点では、具体的な簡単なやり方として、次のように行っております。


     「呼気」で、全身をゆるめていく。

     「吸気」で、お腹をやわらかくしていく。


     息を「フーー」と吐き出しながら体をゆるめてゆくのは、西野流呼吸法独特のやり方だと思うのですが、長年行っていると、呼気で体をゆるめる、ということは、本当に効果的であることが、身にしみてわかってきました(とくに、外気の流れを捉えられるかたは、容易くご実感できるようにも思います)。

     また、体感するまでには、人によっては、何年かを要することもあるかも知れませんが、実際には(たとえ感じることはなくても)呼気で体は緩むものだと、私は感じております。

     一方、吸気でゆるめる、こともとても効果的なことですが、こちらは、「呼気」のフィジカル的なアプローチとは異なり、より「メンタル」的なものとなります。

     詳しくは、以前の記事、「やわらかいおなか」をご覧下さい。
     http://ichiro33.blog97.fc2.com/blog-entry-10.html


     でも、理屈はともあれ(笑)、今回ご紹介の呼吸法は簡単です♪

     「呼気」では、全身を(意識し)ゆるめる。
     「吸気」で、おなかをゆるめる。

     たったこれだけです(笑)。


     もちろん、ストレッチなどと併用しても効果的です。
     どうぞお試しになって下さい。

     ☆イチローでした。


    -------------------------------
     パーキンソン病の☆イチローも愛用のコラーゲンとプラセンタ!
     これらのお陰で、最近、震えがおさまってきているよう……。
     詳しくは、こちらからご覧下さい。
     http://pure-bh-shop.net/
    -------------------------------


    スポンサーサイト




    テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://ichiro33.blog97.fc2.com/tb.php/18-809e1fc9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)