FC2ブログ
パーキンソン…徒然なるままに♪
最近、パーキンソン病、白内障と寄り添うことになった☆イチローが、お役立ち情報をお知らせします。診察、治療を受けた病院・治療院など実名でお載せしますので、ご活用下さい!
プロフィール

hoshiichiro

Author:hoshiichiro
神奈川県在住
47歳 男性

2010年1月に若年パーキンソン病と診断されました。幸いなことに病状が軽度のこともあり、自身で試行錯誤の日々を…。その様子を、当ブログにてご紹介しています。パーキンソン病ブログ・リンク集をお作りしましたので、ぜひご活用下さい!

☆イチロー ツイッター

    follow me on Twitter

    最新記事

    最新トラックバック

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    「村上春樹さんと癒し」について
     こんにちは、☆イチローです。

     私は、かなり昔から、23年くらい前になるでしょうか(笑)、もう村上春樹さんの大ファンでした♪

     とくに、最初に読んだ『ノルウェイの森』は一番のお気に入りで、書店であの赤と緑の表紙を見たとき、「私を読みなさい」と「声」が聴こえたほどです(本当です 笑)。

     以来、もう十数回読み返しています。


    ノルウェイの森


     たぶん、『ノルウェイの森』の世界の醸し出している「空気」は、村上さんの他の作品にもみあたらないものですし、その瑞々しさは郡を抜いているものだと、私は思っています。

     私は、気に入った本は、すぐに人にあげてしまう癖があるのですが、この『ノルウェイの森』も何人の人にも譲ってしまっています。その度に、読みたくなると古本屋さんから購入しているのですが(笑)。

     ちなみに、昨年の秋口に、弟の嫁さんに譲ってしまいましたので、いまは手元にありません。また、読みたくなったら買ってこなければ♪

     また、『ノルウェイの森』の中で、「昼間から飲めるお店」として出てくる新宿の靖国通り沿いの「DUG」というジャズカフェ&バーには、まだ若くてお酒をたくさん飲める元気の良い頃には良く行ったものでした(笑)。

    DUG

     いまは、地下だけになってしまいましたが、相変わらず素敵な雰囲気ですよ。
     http://www.dug.co.jp/

     ところで、村上さんの小説には、料理の描写が多く出てくるのですけど、それがまた美味しそうなのですね(笑)。とくに私は、村上さんの小説を読むと、すぐにビールとサンドイッチのセットを食べたくなって、困ったものです(笑)。

     飲みすぎて、自分で「禁酒だ」と言っておきながら、「今日だけは…」などと言って、ビールにサンドイッチを頬張っていると、「また村上春樹を読んだのか」と、当時の友人たちにからかわれたりしたものでした(笑)。

     ですので、本当に長い間、私は「村上小説を読むと、ビールが飲みたくなる」などと、少し短絡的に解釈していたのです。ところが、昨年の『1Q84』を読んでいたとき、はたと気づいたことがありました。

     それは、村上さんの本を読むと単に「ビールが飲みたくなる」のではなくて、「自分が自分自身として生きて大丈夫なんだ」と癒されている、ということでした。

     私も20数年前には、「村上春樹がノーベル文学賞候補になる(2006年)」などとは夢にも思いませんでしたが、なぜ村上さんの本がこれだけ多くの国で翻訳されているか、多くの賞を受賞しているかを考えたとき、私は上で述べたとおり、本当に多くの人に「自分が自分自身で大丈夫」と心の深いところでの癒しが起きているからに違いないと思っています。

    (『ひつじをめぐる冒険』は、以下の17ヶ国語に翻訳されているとのことです。カッコ内は、翻訳された年を現しています【イギリス (1990)、フランス (1990)、ドイツ (1991)、オランダ (1991)、ギリシャ (1991)、スペイン (1992)、イタリア (1992)、フィンランド (1992)、香港 (1992)、アメリカ (1993)、ノルウェイ (1993)、ポーランド (1995)、台湾 (1995)、中国 (1997)、韓国 (1997)、ロシア (1998)、 ルーマニア(2003)】)

     でも、「なんでそうなるの?」という<魔法の仕組み>については、まだ解き明かしてはいないんです。
     それが分かれば、自身のパーキンソン病を癒すヒントになるのかも知れません♪

     ともかく、『1Q84 BOOK3』は、2010年4月16日に発売だそうですので、それを楽しみにしています。
     http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100205/bks1002051609001-n1.htm

     また、『ノルウェイの森』もこの年末には映画化されるみたいで、どれだけ原作に肉薄できるか、楽しみです。




    (ちなみに、ミーハーな私は、『1Q84』を発売当日に購入し、翌日には読み終えていました。もっとも、そのときは持病のアトピー大悪化で病院に入院していたので、そのような「芸当」が可能なのでしたが 笑。1日中、お気に入りの本だけ読んで過ごすというのは、本当に幸せな時間でした 笑)

     ……ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
     ☆イチローでした♪
     
    -------------------------------
     パーキンソン病の☆イチローも愛用のコラーゲンとプラセンタ!
     これらのお陰で、最近、震えがおさまってきているよう……。
     詳しくは、こちらからご覧下さい。
     http://pure-bh-shop.net/
    -------------------------------


    スポンサーサイト




    テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

    コメント
    初めまして!
    ☆イチローさま、
    初めてお邪魔いたします。
    このところ体調が悪かったので検査をしていた主人に、先日、パーキンソン症候群との診断が出ました。パーキンソンは私には「手に揺れの来る病」くらいにしか認識がなかったのですが、突然に身近なものに迫ってまいりました。主人のはパーキンソン病とはまた違うようですし…。
    どなたかブログをしている方が居るかしら?と探してみましたら、あなたのブログに出会いました☆「パーキンソン・・・徒然なるままに♪」素敵なタイトルです。これから主人には辛いこともあるでしょうが、美人の検査技士との出会いなどもあるでしょうし(笑)、気分は徒然なるままに・・・これから主人の力になっていってあげたいと思っている次第です。どうぞよろしくお願い致します。
     
    [2010/02/11 20:58] URL | momoko #qycz5T2g [ 編集 ]

    ご主人をお大事に♪
    momokoさま

    こんばんは。☆イチローです。
    私のブログをお読みいただき、ありがとうございます。
    また、コメントまでお寄せ頂き、感謝いたしております。

    ご主人がパーキンソン症候群と診断されたとのこと…。ご心配ですね。

    私なども、まだ先月、診断を受けたばかりで、ほとんど同様の状況です。ですので、ご助言のようなことはとてもお話できる立場ではないのですが……。

    それでも、私としましては、いまでもなるべく冷静になり、的確な情報収集が出来ればと思っております。幸いなことに、急激に進行する種類の病気ではございませんので、ゆっくりと調査を進めてみても大丈夫でしょうし。

    それに、状況がはっきりしてくると、次第に落ち着きと、場合によっては安心感のようなものが出てくるのではないかと思われます。

    たまたま、momokoさまからコメントをいただいた頃、新たなページとして「パーキンソン病・ブログ リンク集」をアップしてみました。ほとんどのブログがパーキンソン病のかたのものなのですが、それでもきっとお役に立つものもあるかと思いますので、こちらもご活用いただければと思います。

    あと、私などもそうだったのですが、家族や周りのかたに理解をいただけると、勇気が何倍も湧いてくるように思っております。

    きっと、momokoさまがご主人を支えてゆかれることが、病気の癒しにとっても大事なこととなるに違いありません。どうか、ご主人のお力になってあげていただければと思います。

    それでは、一日も早いご快復、心よりお祈りいたしております。
    どうもありがとうございました。
    [2010/02/11 22:01] URL | ☆イチロー #- [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://ichiro33.blog97.fc2.com/tb.php/13-bfbaebe3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)