FC2ブログ
パーキンソン…徒然なるままに♪
最近、パーキンソン病、白内障と寄り添うことになった☆イチローが、お役立ち情報をお知らせします。診察、治療を受けた病院・治療院など実名でお載せしますので、ご活用下さい!
プロフィール

hoshiichiro

Author:hoshiichiro
神奈川県在住
47歳 男性

2010年1月に若年パーキンソン病と診断されました。幸いなことに病状が軽度のこともあり、自身で試行錯誤の日々を…。その様子を、当ブログにてご紹介しています。パーキンソン病ブログ・リンク集をお作りしましたので、ぜひご活用下さい!

☆イチロー ツイッター

    follow me on Twitter

    最新記事

    最新トラックバック

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    「簡単で」「美味しくて」「ココロとカラダと地球に優しい」、重ね煮
     こんにちは、☆イチローです。

     実は、私はいまは家族と暮らしているので、ほとんど料理はしないのですが、それでも気の向いたときや、どうしようもなく必要に迫られたときだけは、自分でやったりしています。

     ですから、もちろん「料理の腕」は……なのですが(笑)、それでも「超かんたん」で「超おいしくて」「ココロとカラダと地球に優しい」料理に取り組んだりしているんです。

     今回はそんな料理法、「重ね煮」のご紹介です。

     この料理法は、もともとマクロビオティックなどに興味のある人にはよく知られているようなのですが、私は戸練ナミさんの講習を受け、ほんの基本だけですが、学ばせていただきました。

     以下、レシピなどについて、戸練さんのサイトをご参照下さい。

     「重ね煮」の作り方、など。
     http://www.toneri-mina.com/whats.html

    (「『重ね煮』は、基本的に野菜の切り方と重ねる順番が大事というだけで、あとは応用自在なんです」とのことです)


     それから、「重ね煮」に関する私の愛読書は、次の通りです。

     『ひとつの鍋から幸せひろがる 野菜たっぷり重ね煮レシピ
     (船越康弘・船越かおり 著:洋泉社)
      → amazonはこちら


     また、「重ね煮」を美味しく食べることが出来る、私の知人のレストランです♪
     
     ナチュラル・レストラン どんぐりの木
     (東京都練馬区)
     http://www.dongurinoki.com/index.shtml


     「簡単で」「美味しくて」「ココロとカラダと地球に優しい」重ね煮、宜しければお試し下さい。

     ☆イチローでした。

     ----------------------------
     本ものの美と健康は、コラーゲンとプラセンタで!
     パーキンソン病の☆イチローも愛用。詳しくは、こちら。
     http://pure-bh-shop.net/
    ----------------------------


    スポンサーサイト

    テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

    小食を心がけております♪
     「パーキンソン病の疑いがある」と医師から伝えられた後に、

     『パーキンソン病を治す本』(安保徹 新潟大学院医学部教授、水嶋丈雄 水嶋クリニック院長、池田国義 池田神経内科クリニック院長 共著:マキノ出版)
     → amazonはこちら

    という本を読みましたが、その中に、次のような一節がございました。

     「ところが、精神医学の世界には、『病気は早く治してはいけない』という考え方があるのです。なぜなら、症状は人格の一部であり、あなたの心の奥底にひそむ人格が、『長いこと無理を重ねてきたので少し休養を取る必要がある』とか『このままの生き方・考え方を続けていたら死に至る病気になりかねない』など、何かしらあなたにメッセージを伝えようとして、つらい病状を引き起こしているからです。
      したがって病気になったら、自身の生き方・考え方を振り返って病状の原因を探す必要があります。そうした『気づき』があってこそ、病気は克服できるのです」(P154)


     それで、私もこの病気になりましたことを機会に、少しずつ自身の反省を進めているところなのですが、その一つが、「大食漢を改めよう」ということなんです。

     私は、学生時代、運動部に所属していたこともあり、ずっと「大食こそわが人生!」みたいなことで歩んできたのですが、10年と少しほど前に、山田博士いのち研究所主宰の山田博士(ひろし)先生とご縁をいただき、ご指導を賜りながら、少しお仕事の手伝いなどをさせて頂きましたが、その際に、「とにかく、少食にすることです」と教えを頂いていたのでした。

     ところが、私の長年の価値観と習慣、それに「食欲」に阻まれ(笑)、なかなか実現に移すことが出来なかったのです。

     そこで、このパーキンソン病になったことを機にして、「いよいよ実施のときが来た」と覚悟を決めているところです。

     いま、3ヶ月目に入りましたが、消化器系の調子はなかなか良いようです♪
     早く、パーキンソン病の快復につながってくると良いのですが…。

     山田先生のメルマガのこちらのページに、少し、「少食」について触れていますので、ご参考になさって頂ければと思います。

     http://archive.mag2.com/0000141214/20041011080000000.html

     山田先生のメルマガ、『メールマガジン「暮しの赤信号」』(まぐまぐ伝道入)ご案内はこちらです。
     http://www.mag2.com/m/0000141214.html

     山田先生のサイトは、こちらとなります。
     http://yamadainochi.com/


     もしよろしければ、「少食」、お試しになって下さい。

     ☆イチローでした♪

    ----------------------------
     本ものの美と健康は、コラーゲンとプラセンタで!
     パーキンソン病の☆イチローも愛用。詳しくは、こちら。
     http://pure-bh-shop.net/
    ----------------------------



    テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体