FC2ブログ
パーキンソン…徒然なるままに♪
最近、パーキンソン病、白内障と寄り添うことになった☆イチローが、お役立ち情報をお知らせします。診察、治療を受けた病院・治療院など実名でお載せしますので、ご活用下さい!
プロフィール

hoshiichiro

Author:hoshiichiro
神奈川県在住
47歳 男性

2010年1月に若年パーキンソン病と診断されました。幸いなことに病状が軽度のこともあり、自身で試行錯誤の日々を…。その様子を、当ブログにてご紹介しています。パーキンソン病ブログ・リンク集をお作りしましたので、ぜひご活用下さい!

☆イチロー ツイッター

    follow me on Twitter

    最新記事

    最新トラックバック

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    私の状態が良くなる一冊、『3日で運が良くなる「そうじ力」』♪
    そうじ力

     こんにちは、☆イチローです。

     私の密かな楽しみの一つに、古本屋さんでの立ち読みがあります。

     とくに連休の前など、時間がたっぷりと用意されていて、「これから何をしようかな♪」とワクワクしているときに、本棚の背表紙を片っ端から眺めていくと、心の中がますます活性化していくような気がするんです。

     そして幸運なことに、「これだ!」という本に巡り合ったときには、心のテンションが一気に跳ね上がってしまいます。

     以前読んだある本に、「体は物質の速度で動くが、心は光の速さで変化する」というような一節がありましたが、自分にジャストフィットした本を見つけたときには、自身の心の動きの速さに自分でびっくりしてしまうほどです。

     そして、今回見つけた本が、表題にある『3日で運が良くなる「そうじ力」』(枡田光洋著、王様文庫)です(しかも、価格は105円でした 笑)。

     内容はまさにタイトル通りなのですが、私にとっては、「そうじしたい気持ち200%になる」という効果がありました(笑)。

     それがどういうことなのかは、以下のアマゾンにある多くのかたのレビューをお読みになって頂ければと思います。

     アマゾンはこちらです。 


     でも、私がこの本で一番気に入ったのは、「『ありがとう空間』をつくりましょう」という箇所です。

     以下、その部分を抜粋してみます。


     「ありがとう」という言葉は「有り難し」が語源です。
     つまり「あり得ないことが起こった!」という奇跡的な思いが込められているのです。

     思えば、人の誕生も人知を超えた「有り難き」もの。
     そう考えれば、生かされていることに対する感謝の言葉ともいえます。


      そんな「ありがとう」は、まるでプラスを呼ぶ呪文。
      誰か感謝を伝えたい人を思い浮かべながら、拭きそうじをしてみましょう。
      夫に「いつも支えてくれてありがとう」。
      友人に「仲良くしてくれてありがとう」。
      子どもに「笑顔をたくさん見せてくれてありがとう」。
      上司に「仕事でご指導いただき、感謝しています」。


     最初は気恥ずかしさもあり、うまくできないかもしれません。
     そんなときは、ただ呪文を唱えるつもりで「ありがとう」を繰り返してみて下さい。
     そのうち、実感が伴ってきて、心からの感謝の気持ちが芽生えます。


     ……四六時中、いついかなる時も、「ありがとう空間」に包まれて過ごせるようになったら、素敵ですね♪

     ☆イチローでした。


    -------------------------------
     パーキンソン病の☆イチローも愛用のコラーゲンとプラセンタ!
     これらのお陰で、最近、震えがおさまってきているよう……。
     詳しくは、こちらからご覧下さい。
     http://pure-bh-shop.net/
    -------------------------------


    スポンサーサイト



    テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体